HOME > 歯が抜けてしまった方へ

新着情報

一覧を見る

2017/07/25

【休診のお知らせ】

7月31日(月)午後休診

8月4日(金)終日休診
8月14日(月)・15日(火)が夏季休診のため終日休診
8月23日(水)終日休診
26日(土)午後休診
30日(水)終日休診

宜しくお願い申し上げます。

2017/05/23

6月休診日のお知らせ

7日(水)、14日(水)、23日(金)、29日(木)は休診いたします。

宜しくお願い申し上げます。

2017/04/18

休診のお知らせ

明日19日(水)は休診とさせて頂きます。
GWは暦通りの診療となっております。(5月1日,2日,6日は診療しております)

また、5月の休診は下記の通りです。
10日(水)
18日(木)
24日(水)
31日(水)

患者様にはご迷惑をおかけいたしますが、宜しくお願いいたします。

2017/01/30

2月休診のお知らせ

2日(木)、15日(水)、21日(火)は休診いたします。

宜しくお願い申し上げます。

2016/12/05


年末年始に伴う休診のお知らせ

年末年始は、31日(土)~5日(木)まで休診とさせて頂きます。
患者様には御迷惑をおかけいたしますが、宜しくお願いいたします。

歯が抜けてしまった方へ

歯が抜けてしまった方へ
「歯がこんなに大事なものだったとは」入れ歯になった患者さまが必ず口にされる言葉です。

ご高齢になると、咬合(噛む事)による脳への刺激はとても重要になってきますし、これによってホルモンのバランスが保たれることもわかってきています。

また、噛み合わせが悪いと背骨が曲がるなどの原因になることもあります。
さらに、歯を失うとどうしても口もとが痩せてしまい、老けた印象を与えるようになってしまいます。
入れ歯は噛むという基本的な機能を取り戻すだけでない重要なものなのです。

1.歯が抜けてしまった時の選択肢

歯が抜けてしまった際の選択肢にはいろいろ種類があります。

  • インプラント
  • ブリッジ
  • パーシャルデンチャー(部分入れ歯)
  • フルデンチャー(総入れ歯)

重要なのは患者さまがなにをお望みになるかです。
診察・検査の後、患者様の生活習慣やご希望などから、いくつもの選択肢をご用意し、ていねいにご説明をして、患者さまにご選択いただきます
ご自宅でご家族の方と相談して、ご自分にとって一番よい方法をご選択ください。

2.それぞれのメリット・デメリット

 インプラントブリッジパーシャルデンチャー
フルデンチャー
残存率
(10年で90%以上)

(8年で50%以上)

(4年で50%以上)
残存組織の保護
(歯質の切削・
咬合負担の増大)

(顎堤の吸収・
こう歯の喪失)
噛む力
審美性
異物感
費用×
(保険)

(保険)

3.入れ歯

3.入れ歯

生涯に渡ってできるだけ多くのご自分の歯を残していただくのが理想ですが、さまざまな理由により歯を失ってしまうことがあります
入れ歯を入れないと老けて見えるようになっていきますし、歯が動いて噛み合わせが悪くなったりする場合もありますので、できるだけ早く作ることが重要です。

食味や味わいが変わると思われている入れ歯ですが、腕のいい歯科技工士と連携して質の良いものを作製し、上手にお使いいただけばご自分の歯には少し劣りますが、ほとんどのものをしっかり噛んで食べることができます

田中歯科医院の院長は入れ歯治療について数多くの研究会やセミナーに参加し、さまざまな知識や経験を積んで、歯科技工士との連携が質の良い入れ歯作製には欠かせないものであることに気付きました。

そこで、当医院では、10年以上のお付き合いとなる信頼できる歯科技工士さんと提携し、患者さまおひとりおひとりの入れ歯に関して密に連絡を取って、入れ歯を作成しています。

入れ歯というのは患者さまのさまざまな状態を見極めてきめ細かな配慮を行わないとぴったり合うものを作ることはできません。
現在、医院で型を取ったら中国などに送って、現地で作成して送り返してもらう入れ歯治療を行っている歯科医院もあるようです。
こうした場合、お顔の印象が大きく変わってしまったり、痛みや違和感が強く調整しても治らないケースもよくあるとのこと。

当医院の入れ歯治療では、質の高い入れ歯を作成するだけでなく、微妙な調整などもていねいに行っています
入れ歯でお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

4.入れ歯の種類

パーシャルデンチャー(部分入れ歯)
パーシャルデンチャー(部分入れ歯)

比較的少ない本数の歯を失った場合に適した方法です。
歯を失った部分の型を取って作製します。

ピンク色の歯肉に似せた床の上に人工の歯を植えて、バネでご自分の残った歯にかけて装着します。
歯をほとんど削る必要がありませんし通院回数も少なくてすみます。

フルデンチャー(総入れ歯)
フルデンチャー(総入れ歯)

多くの歯を失ってしまった場合には、フルデンチャーとなります。

床や人工の歯の素材などによりさまざまなものがありますので、ご希望に合わせてご選択いただけます。

5.インプラント

5.インプラント

歯にはあごの骨につながっている根っこがあります。
歯を失ってしまうとほとんどの場合、その根っこも失うことになります。
インプラントは人口歯根を歯茎に埋め込んで、それを根っことして歯冠を装着します。
そのためほぼご自分の歯と変わらない感覚でお過ごしいただけます。

ただし、インプラントは健康な歯よりさらに徹底したメンテナンスが必要ですし、体質や既往症などにより治療が不可能な場合もありますので、まずはご相談ください。

6.ブリッジ

6.ブリッジ

ブリッジ治療は、歯を失った箇所が比較的少ない場合に適応する治療です。
失った歯に隣り合った両方の歯を削って、そこに義歯をかけます。
そのため、最低3本の義歯がワンセットとなります。
削った部分を橋桁に、義歯を橋としてかけることから、ブリッジ(橋)という名称がついています。

ブリッジ治療は違和感が少なく、噛む能力も入れ歯と比べると自分の歯とほとんど違和感がないものです。

ただし、隣り合った2本の健康な歯を削る必要がありますし、「橋」の部分の義歯は、左右から支えられて乗っているだけの状態なので、支える歯への負担が大きくなり、また食後に物が溜まりやすい欠点があります。

042-974-6480 〒357-0045 埼玉県飯能市笠縫389-2
アクセス



〒357-0045
埼玉県飯能市笠縫389-2

詳しくはこちら