HOME > 小児歯科

新着情報

一覧を見る

2019/04/30

【5月休診日のお知らせ】
3日
4日
5日
6日
15日
22日
29日

2019/02/25

【休診のお知らせ】
2/28(木)、3/7(木)、3/13(水)、3/21(木)、3/27(水)

患者様にはご迷惑をおかけいたしますが、宜しくお願いいたします。

2018/12/17

年末年始休診日のお知らせ
12月30日から1月6日まで休診となります。
よろしくお願いいたします。

2018/11/17

休診のお知らせ

【11月】
3日
4日
7日
14日
23日
28日

【12月】
6日
12日
19日

患者様にはご迷惑をおかけいたしますが、宜しくお願いいたします。

2017/07/25

【休診のお知らせ】

7月31日(月)午後休診

8月4日(金)終日休診
8月14日(月)・15日(火)が夏季休診のため終日休診
8月23日(水)終日休診
26日(土)午後休診
30日(水)終日休診

宜しくお願い申し上げます。

小児歯科

小児歯科
乳歯から永久歯にはえかわる大切な時期をホームドクターが見守ります。

お子さまの個性にあわせて対応し、無理強いしない小児歯科診療を行っています。
子どもではなく、対等なひとりの人間としてお話させていただき、ご本人が歯科診療について理解できるように努めています
そのお子さまの現在の許容範囲を超えないよう、練習なども交えながら徐々に慣れていただくことも可能です。

1.お子さまの歯について

1.お子さまの歯について

乳歯から永久歯にはえかわる時期は、永久歯の歯並びなどに大きな影響を与えます。

大切な時期だからこそ、治療をしっかり受けていただき、お子さまご本人にも歯磨きや歯の大切さを理解していただきたいと思います。

最初の永久歯
5歳半~6歳になると最初の永久歯である“6歳臼歯”が生えてきます
この歯は一番大きくて噛む力ももっとも大きい歯あり、永久歯の歯並びの基準となります
また、もっともむし歯になりやすい歯でもあるので特に注意が必要です。

2.病気を未然に防ぐために

お子様の歯磨きについて
お子様の歯磨きについて

3歳を過ぎると、そろそろ歯磨きを理解できる年齢になってきます。
ここで食後は自分で歯ブラシをもって磨く習慣をつけることが重要です。

ただし、3歳ではまだまだ一人で汚れを落とすことはできません。
就寝前に必ず、お子さんが磨いた後の仕上げ磨きをしてあげて下さい
できればその前から、赤ちゃん用の歯ブラシを手に持たせて、遊ぶようにすると慣れるのが早くなると思います。

お子様の歯の予防

当医院で出来る予防には以下のものがあります。

フッ素の塗布

フッ素はむし歯を防ぐだけでなく、歯の質自体を強くする効果があります。

シーラント

奥歯にある噛み合わせの溝は特にむし歯になりやすい場所です。
ここにレジンという素材をマニキュアのように塗ってふさいでおくことでむし歯を予防する方法です。
レジンは前歯の補修などでも使われている歯科素材で、小さなお子さまにとっても安全です。

自宅で出来る予防は以下の2つです。
小さいころにしっかり歯磨きの習慣をつけることはとても重要です。

  • 歯磨き
  • 保護者による仕上げ磨き

3.保護者の方への注意点

3.保護者の方への注意点

乳歯は生え変わるもの。
そう油断して乳歯のむし歯をそのままにしておくと、永久歯の歯並びなどに影響が出てしまいます
また痛みや違和感によって噛み合わせがずれることで、左右の表情筋などの成長度合いが変わってしまう可能性もあります。

お子さまの歯は大人の歯とは違いやわらかく、むし歯にとてもなりやすいもの
またなってしまうと進行も早いのです。
そのため、就寝前には必ず保護者の方が仕上げ磨きを行ってあげてください。

永久歯にはえかわる時の注意点
乳歯もですが、永久歯ははえてから2年程、酸に弱く、むし歯になりやすい状態だと言われています。
特にはえかわりの時期は、乳歯と永久歯が入り混じっているので、丁寧な歯磨きなどに注意を払う必要があります。

さらに、この時期に永久歯の歯並びが形成されるため、歯並びのことも考えると、むし歯がなくても歯科医院に通わせることで、トラブルを未然に防ぐだけでなく、ケアしやすい歯並びに導いたり、ご希望があれば矯正をスタートする時期を見極めたりといったこともサポート可能です。
042-974-6480 〒357-0045 埼玉県飯能市笠縫389-2
アクセス



〒357-0045
埼玉県飯能市笠縫389-2

詳しくはこちら